「暴力」を肯定する香港の若者たち

きょう近所で鐘太鼓の音がするので通りに出たら、山車が練り歩いていた。近所の神社の秋祭りだった。 今年の夏はせわしく花火も祭りも見られなかったなあ。きょうの朝日俳壇を眺めていると、 アテルイも牛若丸も秋祭 (久慈市 和城弘志) アテルイとは平安時…

周庭さん香港の闘いを語る3~香港の良さを守りたい

ゆうべは雲に隠れて見えなかった中秋の名月。今夜はくっきりと美しい。・・・・・・・・・・・・・ 5歳児の1日の唾液生産量をユニークな実験により500mlと推定した日本人が「イグ・ノーベル賞」を受賞した。こういうニュースはうれしい。 《人々を笑わせ、考…

周庭さん香港の闘いを語る2(暴力の責任は)

トランプ大統領は10日、「狂犬」と言われたボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)をクビにし、翌11日、ボルトン氏について、北朝鮮政策で大きな失策があったと批判した。(ロイター) 金正恩をやたらと持ち上げているこ最近のトランプ大統領を見てい…

周庭さん香港の闘いを語る1~運動に飛び込んだ15歳

朝、うちを出たら白い花が目に入った。韮(にら)だ。私にいってらっしゃいとでもいっているようだ。かわいらしい。韮の花は夏の季語だそうだ。・・・・・・・・・ さて香港の取材。 周庭さんの日常を密着取材をしようと思っていたら、香港到着直後に逮捕さ…

香港はなぜ闘うのか2

長月、節気は白露(はくろ)。昼夜の気温差が大きくなって朝夕に降りる露のことを白露という。そろそろ残暑も終わりのはずが、台風のあとのきのう東京は35℃を超え、9月としては6年ぶりの猛暑日。きょうもまた猛暑日だった。 8日から初候「草露白」(くさのつ…

香港はなぜ闘うのか1

香港情勢を先月30日から取材して、きのう5日早朝に帰国しました。 8日(日)夜10時からの「Mr.サンデー」(フジTV)で取材成果の一部を紹介しますので、ぜひご覧ください。 私の問題意識は、「なぜ香港人はあんなにがんばって闘うのか?」でした。かつて私は…

こんどはトウモロコシ爆買いで尻尾をふる安倍外交

栗の実が大きくなってきた。いよいよ夏も終わりに向かっている。夜、草むらからさかんに虫の音が聞こえる。コオロギか。・・・・・・・・・・・・・・・・ トランプ大統領は、デンマークからグリーンランドを買うだの、ハリケーンが米国に上陸する前に核爆弾…

ストを敵視する、メマイがするニュース

処暑(しょしょ)になった。「処」とは止まる、留まるという意味で、暑さも収まるころ。本来の七夕はこの時期だそうで、天の川もきれいに見えるはずだが、台風が続々やってきてすっきりしない空がつづく。 23日から初候の「綿柎開」(わたのはなしべ、ひらく…

記録とはこういうものと「拝謁記」

アブラゼミが2匹並んでいた。たぶんオスとメスで、これから距離を詰めて交尾に至るのだろうが、暑いのと用事があったので見ることができなかった。セミは長いこと土の中で過ごし、ごくわずかな地上での生を生殖のために生きる。あの鳴き声もそのためと知る…

千鳥ヶ淵戦没者墓苑をめぐる

東京は36度の猛暑。「危険な暑さ」のなか、千鳥ヶ淵戦没者墓苑に行った。実はきのう参拝しようと思ったのだが、着いたのが午後5時の閉門時間をわずかに過ぎて入れなかったのだ。私にとっては、ここに参拝にくることが年の一つの節目になっている。暑さもあっ…

克服すべき他民族への蔑視感情

戦争が老いてゆくなり終戦日 (東京都 吉田かずや 朝日川柳12日選) 「さきの大戦」の記憶はいやおうなく薄れていくが、どうしたら戦争を防ぐことができるのかを、言論の自由があるうちに考えなくてはならない。 戦争を防ぐうえで、いまもっとも緊急に手を打…

中国が「暴徒を厳しく罰する」と声明

秋田出身の知り合いから、山形県代表の鶴岡南が習志野をやぶってよかったね、同じ東北なのでみなで喜んでいるとのメッセージ。高校野球に興味がない私は、テレビも見ておらず、知らなかったのだが、東北の人はやさしいなあ。・・・・・・・・・・・・・ ここ…

JAL123便墜落から34年―再検証を訴える遺族たち

34年前の1985年8月12日、JAL123便が墜落し520人が犠牲になった。これは今なお、日本の航空史上最悪の事故であり、単独機で世界最悪の死者数を出した航空事故でありつづけている。 群馬県上野村で毎年行なわれる11日の灯籠流しと12日の慰霊登山と式典に参加し…

河野義行さんはなぜ憎まないのか2

今朝の朝刊を見て、ああ、と思わず声が出た。 一面に大きく「森友問題 捜査終結」とある。無力感に襲われる。こうなったら、佐川氏を再び証人喚問してほしい。昨年3月の国会の証人喚問で「刑事訴追の恐れがある」ことを理由に証言を拒否したが、刑事訴追の恐…

ヘクソカズラ

フェンスにからみつくこの植物、名をヘクソカズラという。口にするのもはばかられるようなネーミングだ。茎や葉をつぶすと悪臭がするのでこんなかわいそうな名前になったという。今が花の咲く季節で、どこでも見かける。 よくみるとなかなか可愛い花だ。別名…

河野義行さんはなぜ憎まないのか1

公園などで、白い花が咲いているように見える木がある。シマトネリコだ。花のように見えるのは、6~7月に花が咲いたあとになる長い鞘のような白い実だ。この木は暑さにつよいそうで見かけることが多くなっている印象がある。オフィス近くに建った新しいビル…

「弁士中止!」ふたたび

8月1日(金)、冒険家の阿部雅龍さんに会った。場所は東京都港区立エコプラザ。ここで1日から15日まで「冒険家の見た南極の環境展」の展示がある。阿部さん自ら展示の設営をしていた。以下、エコプラザのHPより。 《冒険家、阿部雅龍(まさたつ)さんは…

グアムまで飛ばないうちはお友達

昔なじみのヨーロッパ出身のジャーナリストから「会いたい」と連絡があり、きのう日本外国特派員協会に行った。たまたま、「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首が記者会見をやっていたので、私も参加した。 受信料を支払った人だけがNHKを視聴できる「…

ウイグルで何が起きているのか―メヒルグル・トゥルスンさんの証言3

足もとにツユクサが咲いていた。 《朝咲いた花が昼しぼむことが朝露を連想させることから「露草」と名付けられたという説がある。英名の Dayflower も「その日のうちにしぼむ花」という意味を持つ。》(Wiki)『万葉集』などの和歌集では「月草」(ツキクサ…

ウイグルで何が起きているのか―メヒルグル・トゥルスンさんの証言2

7月も終わりだ。急に暑くなって、夜もエアコンを入れないと敷布がじっとり濡れてしまう。・・・・・・・・・・ 先週、北朝鮮が5月に引き続き、ミサイルを発射した。多くのマスコミ解説では、これを米韓軍事演習への「牽制」だとしている。私は北朝鮮が政治的…

ウイグルで何が起きているのか―メヒルグル・トゥルスンさんの証言1

立花孝志代表の「NHKから国民を守る党」(N国)が、「北方領土を戦争で奪い返す」発言の丸山穂高議員(元維新)の入党を発表。さらに秘書への暴力とパワハラで告発されている石崎徹議員(自民)など問題議員や渡辺喜美参院議員にまで入党勧誘しているという…

国会のバリアフリー化に分身ロボット採用なるか

きのう急に仙台に出張することになり、一泊して帰ってきた。 新幹線から見える田んぼの緑がさわやかでうれしくなる。 「れいわ新選組」から重い身体障害がある2人が初当選したことを受け、いま国会のバリアフリー化が本格的に進められている。 「筋萎縮性側…

新段階に入る日韓関係

オフィスから神田駅に歩いていく途中にある栄屋ミルクホール。建物も古いが「ミルクホール」とは歴史を感じさせる。 ミルクホールの意味は? 「牛乳を飲ませ,パンなどを供する簡易な飲食店。明治後期にビヤホールができてから,〈ホール〉という呼称が流行…

香港に人民解放軍「出動可能」と中国が声明

ネコジャラシで知られるエノコログサ(狗尾草)。アスファルトの隙間からしぶとく生えてきてる。 花穂が犬の尾に似ているので犬っころ草と呼ばれたのがエノコログサになったという。世界中の温帯にあるが、「縄文時代前半まではなく、日本にはアワ作とともに…

選挙結果雑感

今回の選挙は案の定、低い投票率だった。 メディアの責任は大きいと思う。選挙期間中の報道ぶりも酷かったが、投票日翌日の22日(月)の朝のワイドショーにはあきれた。トップの話題は当然選挙結果かと思いきや、主要民放はどこも、お笑いタレントと吉本興業…

首相官邸が国民民主を支援の怪

投票日直前、まさかと思う情報が・・ 静岡選挙区で、首相官邸が国民民主党の候補者を支援するという。さらに、ある番組でそれを報道しようとしたら局内で潰されたというのだ。 【特別寄稿】スクープ! 官邸への忖度か!? 参院選静岡選挙区に関する報道をめぐ…

いま東日本大震災のときの自民党を振り返る

テレビが選挙期間中とは思えないほど「静か」で、どうなっているのかと思っていたら、実際、選挙報道が激減していた。 《テレビ番組を調査・分析するエム・データ社(東京都港区)によると、地上波のNHK(総合、Eテレ)と在京民放5社の、公示日から15…

安田純平さん 旅券発給を拒否される

日陰にひっそりと咲くミズヒキ。ご祝儀の水引のように紅白(上から見ると赤、下から見ると白)の花をつける。可憐だ。日本のどこにでもある雑草かと思っていたら、沖縄では絶滅危惧種に指定されているという。・・・・・・・・・・・・・・ 京都アニメーショ…

世界報道写真展2019を観に行く

東京都写真美術館に「世界報道写真展2019」を観に行った。https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3437.html 「スポットニュースの部」で大賞を受賞したのがフォトジャーナリスト、ジョン・ムーア氏のこの写真だった。 2018年6月12日、米国テキサス…

VOTE OUR PLANET 私たちの地球のために投票しよう―パタゴニア

金曜、私の妻が品川駅の駅前を通りかかったら、山本太郎氏率いる「れいわ新選組」が集会をやっていたという。「れいわ祭り」という総決起集会だったそうだ。かなり盛り上がっている。 「れいわ」のようなアピール度の高い候補者を立てる選挙手法も、政治的無…