ホロコーストの揶揄で問われる日本の人権感覚

昨夜のオリンピック開会式、関係者が次々消えていく中、どうなるかとテレビをつけた。40%超の視聴率だったようだが、私のように心配で観ていた人も多かったのでは。 開会式のプロジェクションマッピング(朝日新聞より) プロジェクションマッピングで始まり…

自己肯定感が低い日本の若者2

猛暑がつづく。 これまで午後にやっていた自転車での街歩きを午前に変更。 神社の木陰で一休み。 願掛け風鈴の「どうか仕事に戻れますように」の字に見入ってしまった。下に横書きで小さく「笑顔が戻りますように」とも書かれてある。(オリンピックの成功を…

いじめをエンターテイメントにする人々

きのう、お茶の水のECOM駿河台(エコムスルガダイ)へ「玉川上水46億年を歩く」の展示を見に行った。 ECOM駿河台 tb2020.jp 展示場 記録映像が上映されている。私は「宇宙の歴史語り部」で登場 玉川上水の46キロを地球46億年の歴史に重ねて、ヒトと自然との…

自己肯定感が低い日本の若者

東京は16日に梅雨が明けて、連日、最高気温33~35℃の猛暑だ。 それでも自転車街歩きは続けている。汗だくになるが、未知の新しい景色に出会うのが楽しい。週末は、知らなかった遊歩道を二つ「発見」した。 こういう真っすぐな遊歩道は、農業用水の暗渠の可能…

極端に権力を嫌う日本人

きょう、私の年中行事であるホタル狩りに行ってきた。 横沢入。ヒグラシ、鳥、カエルなどの鳴き声が聞こえる夕暮れ時 場所はあきる野市の横沢入(よこさわいり)という里山で、私はもう25年くらい通っている。ただ、こんなに遅い時期にホタルを見に行くのは…

オリンピックに殺される!

オリンピックに殺される!! まさか!と思うだろうが、これが実際の話で、コロナ感染爆発のインドネシアから逃れようとする邦人が、オリンピック対策のために帰国できないでいるという。 いまインドネシアでは、医療体制が完全にパンクして、コロナに感染し…

ワクチン証明を紙で発行するデジタル後進国

きょうの畑は暑かった。35度くらいあったんじゃないかな。 草むしりという地味な作業を黙々とやる。汗だくになって水でも飲むかと水筒を取り出すと、栓が緩んでて水が全部ザックに漏れていた。踏んだり蹴ったりで意気消沈するも、色とりどりの収穫に満足した…

坂口恭平ライブ決行

大谷翔平選手、すごいな。 きのうのTBS「サンデーモーニング」の特集「風をよむ」は大谷選手だった。 大谷選手が高校生時代に書いた「目標達成シート」が紹介された。 (サンデーモーニングより) 9項目づつのマスが9つあり、真ん中のマスの中心には「ドラ1…

香港民主派区議が大量辞職

日中、東京は33℃までいっ。そんな暑さのなか、午後2時半から畑で草むしりして汗だくになった。5時近く、涼しい風を体に受け、思わず「ああ、いい風だ」とつぶやく。子どもの頃の夏休みがよみがえる。 5月下旬摘花したピーマン。小ぶりだが収穫した このイン…

シリア難民の番組ディレクターに「放送人グランプリ」大賞

数増えていくのはいいねホームラン (福島県 山口ちい子) 今朝の朝日川柳より 東京のコロナ感染者数の急速な増加と都議選での敗北に「外堀を埋められ」(各紙解説)、ついに緊急事態宣言下での五輪開催となり、東京と近隣県での競技は無観客に決まった。 東…

雑誌『f/22』が「お金とドキュメンタリー」を特集

一昨日、四谷から早稲田まで、雨の中、歩いて行った。散歩が好きなので、雨でも苦にならない。 途中、弁天町(新宿区)を通りかかったら、水玉模様の特徴的な建物がある。「草間彌生美術館」だった。 道をはさんだ向かいには〈関孝和の墓〉の案内板があり、…

入管はウィシュマさんを詐病扱いしていた!

ミャンマーでは市民の一部が武装して国軍に対峙しはじめたが、大きな犠牲が出ている。 《ミャンマーのインターネットメディア「イラワジ」は5日、北部ザガイン地域で2日、国軍と武装した市民による戦闘があり、市民側の41人が死亡したと報じた。数人の子ど…

知られざる日本の現実を「東京クルド」に見る

関東南部で豪雨被害が出ている。 3日午前10時半ごろ、静岡県熱海市の伊豆山地区で土石流が発生し、逢初川沿いに海までおよそ2キロにわたって流れ出た。少なくともおよそ130棟の建物が被害を受け、これまでに女性2人の死亡が確認されたという。安否が不明な人…

さよなら『リンゴ日報』

雨がつづいて各地に大雨注意報が出ている。梅雨の末期には豪雨の災害が起きることがよくあるという。NHKの夜ニュースのMCが、今夜は高い場所でお休みくださいと言ったのには驚いた。大事にならぬよう祈ります。 繁殖力が強くてどこにでも生える この黄色い花…

デニス・ホー(何韻詩)とジャッキー・チェン(成龍)

きょう渋谷に行く用事があり、シアター・イメージフォーラムで、映画「デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング」を観てきた。 すばらしい映画だった。 deniseho-movie2021.com 《2014年に香港で起きた「雨傘運動」。警官隊の催涙弾に対抗して雨傘を持った若者…

日本のコロナ対策は国民の努力頼み

山形の友人から桜桃=さくらんぼをいただく。 何十年ぶりの不作だったそうだ 今年は凶作だったそうで、例年より味も落ちるらしいが、この季節には欠かせない。品薄で高かったんじゃないかな。感謝。・・・・・ このかんのニュースから。 フィリピンのベニグ…

ウンチは何でできているのか

週末は都内の編集スタジオで、動画作品の仕上げ作業をしていた。 スタジオにて。 私はなりわいの一つとして「自分史ビデオ」の制作をしている。注文主の人生を映像化するもので、今月末までに、ある中国地方のクライアントに納品しなければならない。今回は…

同姓は「合憲」判決によせて

ついに「リンゴ日報」が消えた。今日付の朝刊を最後に新聞発行を終えた。 24日朝刊一面は、「リンゴ日報」前で別れを惜しむ多くの市民の写真に「雨の中のつらい別れ」の大見出し 未明から新聞を買いにスタンドに列をつくる市民 一人で何部も買っていく人が相…

「今手にしているものからスタートする」(パックン)

夕方遅くなっても明るいな、と思っていたら、夏至になっていた。冬至と比べると、昼の長さが5時間も長くなるそうだ。 先週の奈良・明日香。田植えがすんだばかりの田んぼの向こうに橘寺 聖徳太子の生誕地との言い伝えがある橘寺の本堂。本尊は聖徳太子。手前…

消えゆく「リンゴ日報」

香港の「リンゴ日報」は、どうやら明日にも発行を停止するらしい。 「会社としてのリンゴ日報も起訴されていて、警察は、リンゴ日報とグループ2社の資金合わせて1800万香港ドル、日本円でおよそ2億5000万円余りを凍結しています。(略)警察に資金の凍結解除…

クルド人への生活者としての支援を

きのうは「難民の日」だった。 入管へのデモ。100人ほど参加したという。知った顔が何人もいた(テレビ朝日) 「牛久の会」(牛久入管収容所問題を考える会http://ushikunokai.org/)の仲間と入管に抗議するデモに参加し、川口市での「在日クルド人の現在2…

「リンゴ日報」を買い支える市民のふんばり

この人のこの世の時間すこし借りてきれいな指をあかず眺める (東京都 柴崎加寿子) きょうの「朝日歌壇」に載っていた佳作一首。 この世で借りた時間、そこにある愛。心がしーんとするきれいな歌だ。 私たちは、ある条件のもとで、ある限られた時間、生を受…

弾圧と発展-中国の二つの顔

先週末から奈良を旅してきた。 特別展「聖徳太子と法隆寺」を奈良国立博物館で6月20日までやっていると聞き、これは必見!と前売り券を購入した。 www.narahaku.go.jp 今年は太子が亡くなって1400年にあたる。これを記念して、太子と太子が建立したとされる…

3本指を掲げたミャンマーのサッカー選手が帰国を拒否

3本指を立てた、あのミャンマーのサッカー選手が帰国を拒んで日本に残った。 ピエリアンアウン選手。指にはWE NEED JUSTICEと書かれている https://twitter.com/nytk_nytkjpn 《サッカーワールドカップ(W杯)アジア2次予選の日本戦で、ミャンマーのクーデタ…

あなたは日本のために戦えますか?

先週の土曜(12日)の夜、小平市の「どんぐり林」で、「いきものの歴史影絵」の上映会があった。 45億年の地球の歴史が生き物を進化させてきた物語を、子どもたちと父兄がみごに演じた。生演奏付きという豪華なパフォーマンスですばらしかった。 40億年の進…

北朝鮮人権抑圧への抗議を続けよう

8日、1回目のコロナワクチン接種を受けてきた。 小さなクリニックなので、待合室があふれ、何人もが外で立って待っていた。流れ作業のように、次から次へと医師の前に呼ばれ、打たれていく。痛みはほとんどなく、針がいつ刺さったか分からなかったほど。翌日…

ウイグル人ジェノサイド 当事者の声を「報特」が取材2

畑のトマトがぐんぐん育っている。 大玉の品種なので、支柱を2本にしてヒモでゆわえた きょうは暑くなりそうだ。・・・・・・・ 報特のウイグル問題特集のつづき。 「職業訓練施設」では、何が行われていたのか。 2018年、国際人権団体の招きで来日したオル…

ウイグル人ジェノサイド 当事者の声を「報特」が取材

子どもたちの手がゆらめくと、そこにシャボン玉が・・・ これは27億年前、シアノバクテリアが光合成で酸素を発生させたシーン。 土曜日、小平市の鷹の台駅裏の林で、「玉川上水46億年を歩く」の一環の影絵のリハーサルがあった。「玉川上水46億年を歩く」は…

孤立しても屈しない武漢の活動家

5日で横田滋さんが亡くなって1年を迎えた。先日、早紀江さんから1周忌のお便りをいただいて、もうそんなになるのかと感慨深かった。 きのう、早紀江さんが報道各社のオンライン取材に応じた。 滋さんの遺骨を納骨せずに自宅に置いている理由を早紀江さんはこ…

パペットが突如勝手に喋りだし

パペットが突如勝手に喋(しゃべ)りだし (神奈川県 大坪智)今朝の朝日川柳より 「今の状況で普通は(五輪開催は)ない。このパンデミックで」 「そもそも五輪をこういう状況のなかで何のためにやるのか。それがないと、一般の人は協力しようと思わない」 …